ランジェリー界の女王
自身のブランド「シャンタル・トーマス」を去る

テーマ:ブログ

2019-01-07 00:00:00

あけまして、おめでとうございます。
今年も様々な場所へ出かけて、ランジェリーの最前線をリポートしてまいります。
どうぞ、よろしくお願いします。

昨年末、衝撃的なニュースが届きました。
ランジェリー界の女王であり、多くのランジェリーデザイナーの憧れ、世界中にファンを持つシャンタル・トーマスが、自身のブランド「シャンタル・トーマス」を去るというのです。

1970年代にファッションデザイナーとしてデビューした彼女は、そのコレクションのひとつとして作ったランジェリーが好評だったため、ランジェリーやレッグウェアを手掛けてきました。

日本の企業とも関係が深く、1984年にはワコールとライセンス契約を結び、ファンデーションとランジェリーを販売。
その後、90年代にはワールドからファッションラインを発表していました。
そして、1999年1月のパリ国際ランジェリー展で、DIMグループ傘下のもと、
自らのランジェリーブランド「シャンタル・トーマス」を発表。
その後、シャンテルグループ傘下となり、毎シーズン女性をときめかせる数々のコレクションを発表してきました。

とくに、写真家エレン・ヴォン・アンワースと作り上げたイメージビジュアルは、その世界観を表現するのに、これ以上ないコンビ。
きっと、今後も語り継がれるビジュアルなのではないでしょうか。
2016年春夏コレクション(photo:Chantal Thomass)
2017年春夏コレクション(photo:Chantal Thomass)
2017年秋冬コレクション(photo:Chantal Thomass)

2人はお互いのインスタグラムもフォローし合っていて仲良しのようなので、このコラボを、またどこかで見たいですね!
昨年1月にパリを訪れた際、サントノーレにあるブティックを訪れ、それをインスタグラムにアップしたら、御本人からコメントを頂いたのは私の大切な思い出です。
下記は「シャンタル・トーマス」の輸入代理店である栄進物産株式会社から届いたリリースです。
シャンタル・トーマスさんと約20年間共に働いてきた方が後任になるというのは、ファンとしては少し安心できたような……。
これからどうなっていくのか、ファンの一人、いや一匹として(笑)
見続けていきたいと思います。


シーズンテーマは「オフィーリアの回想」
トリンプ2019春夏展示会

テーマ:ブログ

2018-10-23 00:00:00

ひと通り、各ブランドの2019年春夏展示会が終わり、一段落。
今シーズンは私もできる限り、多くの展示会を回りました。
最後に伺ったのが、トリンプ・インターナショナル・ジャパン。
ただ、これは取引先を招き、受注を受けるという通常の展示会ではなく、女性誌の編集者などを中心としたプレス向きの展示会。
場所も、ファッションブランドのパーティがよく催されている青山 骨董通りの「IDOL(アイドル)」でした。

トリンプは前シーズンから、全ブランドに通じるシーズンテーマを設定。
2019年春夏は「Ophelia’s reflection オフィーリアの回想」がテーマ。
シェイクスピア戯曲「ハムレット」の登場人物である、あのオフィーリアです。
ハムレットの恋人オフィーリアが、ハムレットへの恋心とともに小川に沈んでいくシーンにインスピレーションを得たコレクション。
会場全体も“水”を想起させるディスプレイが随所に。

まずは、トリンプの代名詞とも言える「天使のブラ」。
なんと「天使のブラ」は2019年に25周年を迎えるのだそうです。
これを機にこのブラレットデザインなど、新しい顔が披露されました。
もちろん「魔法のハリ感」や「スリムライン」なども健在です。
そして、「ヴァリゼール バイ トリンプ」。
実は、2019年春夏コレクションより「エッセンス バイ トリンプ」からブランド名を変更したのがこのブランド。
伝統のクラフトマンシップに裏打ちされた確かな技術と、ヨーロッパの最新トレンドを取り入れたブレミアムラインというコンセプトはもちろんそのままです。
そして、最後は「トライアクション バイ トリンプ」。
最近、インスタグラムなどを見ていても、筋肉女子のトレーニング姿をよく見ます。ウェアまで取り入れた“スポーツランジェリー”の需要はまだまだ伸びそうですね。

他にも、“軽さ”“薄さ”“機能”という、グローバルなトレンドにマッチした、今春デビューの「NUDE FEEL(ヌード フィール)」、桜モチーフの「恋するブラ」、引き続きジュリアン・ムーアをイメージキャラクターに起用した「フロラーレ バイ トリンプ」なども。
ひと通り見終わった後は、トリンプカラーでもある赤が美しいドリンクを頂いてひと休み。
そして、お土産は美味しいマカロンでした。
プレス限定の展示会だったので、この大きさや展示内容が可能だったのかとは思いますが、各ブランドの世界観がわかり、とても見やすかったです。
女性誌の編集の皆さんは、化粧品の発表会など華やかな展示を見慣れていらっしゃるので、やはりこういった演出・特別感は必要かもしれませんね。

いつもブログをお読みいただき、どうもありがとうございます。
2019年は、さらに鮮度のある、充実した情報をお届けできるようより多くの場所に取材してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
皆様、良い年をお迎えくださいませ。



百貨店の下着売場との距離を縮める素敵な試み「ワコールブラ無料診断」

テーマ:ブログ

2018-10-23 00:00:00

先日伺った、ワコールの展示会で、大変興味深い試みが行なわれていることを知りました。
それは、百貨店チャネルで行なわれている「ワコールブラ無料診断」です。
“お客様の心理的ハードルを下げ、新しいお客様との出会いの場をつくること”を目的としたもので、それをきっかけに、“ワコールが身近な存在となり、気軽に下着売場が利用でき、相談できる”ようになることを目指すもの。
このような試みを実施することになったのは、“カウンセリングには興味があるが、下着売場は入りにくい場所と考えられている”という分析によるもの。
たしかに最近は、若い女性にブラジャーのサイズをたずねると「わからない」あるいは「(カップ&アンダーではなく)SやM」との答えが帰ってくると聞いたことがあります。
この「ワコールブラ無料診断」、実施するのはカウンセリングのみ。
つまり、販売はしないのです。ここがポイント!
ビューティアドバイザーがお客様と対話し、ブラジャーに関する悩みを聞き取り、着用されているブラジャーが合っているかどうかの診断と正しいバストの計測のみを行ないます。
もし、診断を受けたお客様が商品のフィッティングや購入を希望される場合は、別のビューティアドバイザーが対応するとのこと。徹底していますね。
この「ワコールブラ無料診断」を今年の4〜9月に29店舗で実施したところ、1129人のお客様が体験。 診断を受けられたお客様のうち、76%が新規のお客様(ワコールで商品を買ったことがない方)というのも嬉しい驚き。
年代別では20代が26%を占め、10〜30代が半数にまでのぼったそう。
この報告を見ると、日頃はカップ付きキャミソールやSML展開のノンワイヤーブラを選びやすいから愛用しているけれど、機会があれば、ちゃんとサイズを測って、自分のバストをきれいに見せるブラジャーを購入したい……そう考える若い人が多いのではないかと想像できます。
ちなみに、この「ワコールブラ無料診断」を受けたあと、4割以上のお客様が商品を購入したそうです。

「より美しくありたい」と思う女性を応援するかのような、とても素敵なこの試み。もっともっとたくさん開催して欲しいですよね。
なんなら、「ワコールブラ無料診断カー」とかできて欲しいかも(笑)!
大学とか公園とかでも、気軽にサイズ診断できたら楽しそう。
自分のブラのサイズを知る→一歩キレイに近づく→自分に自信がもてるそんなきっかけが増えれば、女性の笑顔も増えるのではと思います。