「ルシアンレース資料館」でお勉強

テーマ:ブログ

2018-07-09 00:00:00

先日、大阪にある「ルシアンレース資料館」にお邪魔しました。
「ルシアンレース資料館」は、新大阪駅から600mほどの所にある、ルシアン大阪店の中にあります。
「ルシアンには、素晴らしいレースの資料がある」と色々な方からお聞きしていたので、とても楽しみに伺いました。
そのコレクション内容は想像以上!
1400年頃以降のレースが約10万点所蔵されており、一定の室温・湿度に保たれた部屋で、大切に保管されています。
これらを、マテリアル事業部のデザイナー山下名奈江さんが、丁寧に説明してくださいました。
ルシアンのエンブロイダリーレースは、数々のヨーロッパのトップブランドで使用されている事は聞いていましたが、その優れたクリエイションの背景には、このような貴重な資料を間近で見られることがあるのですね。
「1894 HIVER」「1896 ETE」と背表紙にあるということは、この時代から、春コレクション、秋コレクションとレースの新作を発表していたということ。これにも驚きです!

産業革命による機械化が進むまで、ひとつひとつ手作りされていたレース。
その時代の、貴重な器具も並んでいました。
これは、1900年代製のボビンレース製作用器具。
ボビンレースは、1520年代にヨーロッパで開発されたレースで、複数本のボビンに巻かれた糸を、美しい模様に編み上げるもので、その技術はリバーレースの原型と言われています。
この器具を見ると、それがよくわかりますよね。
小さくて手間のかからない物だと、これを膝の上にのせて一人で製作していたけれど、大きな物だと、3〜4人のベテランチームが10カ月以上かけて製作することもあったとありました。

これは、同じく1900年代製のニードルポイントレース製作用器具。
1540年代に開発されたニードルポイントレースは、1本の針を使って、好みのデザインを作成するもので、こちらは、現在のエンブロイダリーレースの原型と言えます。
立体的な模様が表現できるうえ、ボビンレースよりも製作時間がかかるため、価格はボビンレースの培近かったそうです。

今では、リバーレースとエンブロダリーレースの違いはひと目でわかりますが、この資料館に飾られていた17世紀、18世紀のものはあまりに繊細で、ボビンレースとニードルポイントレースの違いがわからないほどでした。
これは、17世紀後半に製作されたニードルポイントレース。
ヴェルサイユ宮殿を建設したルイ14世の持ち物と言われているそうで、よく見ると、確かに王冠の文様があります。
このように、製作に手間のかかったレースは、当時、金と並ぶほど高価。
富と権力の象徴であり、着用できるのは王族が裕福な貴族のみ。
男らしさの象徴でもあったそうです。
そのため、当時の肖像画はレースを繊細に描くことが求められたとか。

これも17世紀後半のニードルポイントレース。
このように男性が競うように、レースを身につけたのですね。
こちらは18世紀前半のニードルポイントレース。
高価なレースは、服からはずして子孫の服へと、代々受け継がれたそうです。
これは、19世紀半ばに製作された、ニードルポイントレース。
山下さん曰く「当時の技術を集結して製作されたもの」なのだそう。
実物は、息をのむほどの美しさでした。
レースは、生産地域によって特性がありますが、それは「その技術と職人が、大切な財産として保護されてきた結果」と山下さん。
機械による効率化もグローバル化も時代の流れを考えると不可欠ではありますが、地域性のある職人さんの素晴らしい技術も残ってほしいな……と願ったのでした。


フランスの香り漂う「シモーヌ ペレール」プレスカンファレンスへ

テーマ:ブログ

2018-07-02 00:00:00

先週、フランス発のラグジュアリーランジェリーブランド
「シモーヌ ペレール」のプレスカンファレンスに行ってまいりました。
エクスポート・アジアエリア・マネージャーのクレメンス・ルドゥクさんも来日され、私もご挨拶させていただきました。
今年1月のパリ国際ランジェリー展以来の再会です。
まずは、2018年秋冬コレクションのお披露目から。
今年、ブランド設立70周年を迎える「シモーヌ ペレール」。
2018年は、テーマを“Legacy(遺産)”とし、ブランドの歴史を物語るエレガントなコレクションがフロアショー形式で紹介されました。
最後に登場したのは、ブランド設立の年である“1948”と名付けられたライン。
コルセットメーカーであった同ブランドのフィロソフィーを感じるものです。
フランス本国では、こんなビスティエも販売されるとのこと。素敵ですね!
ちなみに、こちらが創業者であるシモーヌ・ペレールさんとそのご主人。
パリの「シモーヌ ペレール」のブティックに飾られていた写真を撮らせていただきました。
創業年の1948年は第二次世界大戦が終わってまだ3年。
「その頃に下着ブランドを創業するなんて、本当にタフな女性だったのだと思う」と、シモーヌさんの孫にあたる現社長のマチュー・グロドネルさんがおっしゃっていたのを思い出します。

コレクションを拝見した後は、美味しいお料理を堪能しながらおしゃべり。
出席されていた女性記者や編集者の皆さんも交えながら、下着談義に花が咲きました。

用意されたメニューはこちら。
会場となった、スパイラル8階にある「アンクルハット」によるこの日のためのオリジナルメニューです。
デザートには、アニバーサリーを記念する“70”の文字が添えられていました。

日本にも色んな海外ブランドが輸入されていますが、やはり本国の方から直接お話を伺うと、そのブランドの本質のようなものがより伝わって、身近に感じられます。
フランス語によるコレクション説明は、言葉自体は理解できなくても、その響きにフランスを感じたり。
こんな素敵な会にお招きいただき、どうもありがとうございました!

そうそう翌日は、「ELLE WOMEN in SOCIETY」に「シモーヌ ペレール」のスタンドが設けられると聞いて、お邪魔してきました。
こちらには、1960年代のセットが展示されていました。
その自体のフューチャリスティックなムードが漂っていますね!
ファッションとランジェリーは深い関係にあることが、よくわかりました。


ワコール本社「Museum of Beauty」でお勉強

テーマ:ブログ

2018-06-13 00:00:00

梅雨入りしたばかりなのに、美しい青空と緑の木々に恵まれたとある日、京都のワコール本社にお邪魔しました。
京都駅からJR京都線に乗り換えて1駅。
西大路駅から徒歩約3分のところにあります。
ロビーに入ると目に入るのがワコール名物(!?)「ブラウォール」。
140枚のブラジャーが壁一面、グラデーションの彩りで並んでいます。
圧巻ですね!
そして、その奥にあるのが、ワコール創業からの歴史が学べる「Museum of Beauty」。ここは、だれでも観ることができるんです。
暗い照明の中を進むと、歴代の広告写真が。
下着の広告という特性から、時に衝撃的で、社会的に話題となったものも。
今見ても、うっとりするほど、優雅だったり、セクシーだったり……。そして、その奥にあるのが、ワコール創業からの歴史が学べる「Museum of Beauty」。ここは、だれでも観ることができるんです。
暗い照明の中を進むと、歴代の広告写真が。
下着の広告という特性から、時に衝撃的で、社会的に話題となったものも。
こちらは、1949年に創業者が仕入れたブラパット(左端)。
説明には「これが、ワコールブラジャーの第一歩となりました」とあります。
このブラパットを包むものを試行錯誤しながら生み出し、それがブラジャーの開発へとつながったのですね。
「塚本幸一(創業者)が、新たな課題に直面したとき、このブラパットが初心に立ち返らせ、考えを導き出す原動力になったと言われています。」
ブラジャーのパーツ。
こうして見ると、ブラジャーはいかに多くのパーツ、多くの素材でできているのかがわかります。
これをすべて手作業で縫製するのですから、安くないのは当たり前です!
また、その下に展示してあるのは、2005年に商品の一部に不具合が生じる恐れのあることが判明した「キャミブラNAMI・NAMI」。
こんなマイナスの展示もするのが、ワコールの品質に対する姿勢なんですね。
古い商品も色々と並んでいました。こちらは、1951年の商品。
先に紹介した、ブラパットを拡散するために開発されたブラジャーで、裏にパットを受けるポケットが付いています。
1956年の商品。カップ部に円形のサーキュラーステッチが施してあります。
このステッチによって立体的な造形が可能になったそうです。
1956年の商品。カップ部に円形のサーキュラーステッチが施してあります。
このステッチによって立体的な造形が可能になったそうです。
他にも興味深い展示物が色々とありますので、ぜひ、ご自分の目でご覧になってください。
京都はどの季節に行っても、美しく、見所満載。観光のついでにでも、どうぞ。


2018年秋冬はティールブルーに注目!

テーマ:ブログ

2018-05-17 00:00:00

2018年秋冬の展示会を回っていると、いろんなブランド、
とくにファッションとしてのランジェリーを意識しているブランドに
多く見られる色があることに気付きました。
それは、ティールブルー。「ティール(teel)」とは小鴨のこと。
この小鴨の羽根の色のような濃いめの青緑色です。
ティールグリーンという色もあり、こちらはティールブルーよりグリーンが少し濃いめ。
どちらも、この青と緑の間のなんともニュアンスのある深みのある色です。
最初に『ランジェリーク』。リバーレース繊細さが、この色の奥行きをさらに深めているような印象。
肌に重ねると、さらにこの色の魅力が引き立つようです。
『トリンプ』は、次世代ノンワイヤーブラジャーと位置づける「NEO NON WIRE(ネオノンワイヤー)」で、この色を展開。
『トリンプ』は、ますます人気が高まるコンフォートブラジャーに、新たなトレンドを生み出すシリーズとして、10月上旬より販売していくそうです。
ラヴィアドゥによる『ドメスティックアンダー』は、人気のフラワーギュピールシリーズで。濃色&ギュピールレースとなると、重くなりそうですが、小花のモチーフで軽やかに仕上がっているのが新鮮でした。
『シュット!インティメイツ』の展示会では、2018年秋冬商品をカラーごとに展示してあったのですが、そのうちの一色がこの色。
シーズンを通し、コレクションをまたいで展開されるのですね。
『アキコオガワ ランジェリー』では、この色を“ビリジアン”と呼び、シーズンのキーカラーになっていました。総レースのスカートが美しいこと! 少し明るめのビリジアンと黒の色合わせは、とても艶やかです。
ワンピースやコンビネゾンなどの部屋着でティールブルーを展開していたのは『スキンアウェア』。素材はオーガニックコットンのライトベロア。
さすが、ファッション誌でも人気のブランド。
そのまま街着にも活躍しそうな、おしゃれなデザインです!ワンピースやコンビネゾンなどの部屋着でティールブルーを展開していたのは『スキンアウェア』。素材はオーガニックコットンのライトベロア。
さすが、ファッション誌でも人気のブランド。
そのまま街着にも活躍しそうな、おしゃれなデザインです!
もちろん、ティールブルーの人気は日本だけではありません。
こちらは、イタリアの老舗ブランド『エクセリア』のナイティ。
シンプルなデザインですが、イタリアらしいセクシーなエレガンスが漂います。
最後は、スペイン バルセロナのブランド『リトラッティ』。
このブランドのファッション性の高さは、ヨーロッパでも注目の的ですが、トレンドである光る素材とのコーディネートはさすがです!
このように、同じような色でもブランドによって、その表情はさまざま。
「緑色」の下着は売れないと言われた時代もあったようですが、ファッションとランジェリーの垣根がどんどんなくなっている今、下着の色に対する概念も、大きく変わってきているのかもしれません。