体を動かすことは生活の一部、広がって行くスポーツ下着の提案

テーマ:ブログ

2018-05-17 00:00:00

先週で2018年秋冬の展示会が一通り終了しました。
各展示会、商品はもちろんのこと、その展示方法にも様々な工夫があり、会場に一歩足を踏み入れると、何を打ち出そうとしているのかが伝わります。
2018年秋冬の展示会で目立ったのは、スポーツシーンの打ち出し。
健やかであることが美しさの条件として求められる現代。
体を動かすことは生活の一部として浸透していますから、それは必然ですよね。
こちらは、トリンプ・インターナショナル・ジャパン。
左に『トライアクション バイ トリンプ』、右に『スロギー』のアクティブボディウェア『スロギー ムーヴ』。
「ランジェリーメーカーならではの技術力を活かし、バストを美しく見せながら、美しく保つことを考えて作られた新時代のスポーツランジェリー」である『トライアクション バイ トリンプ』は、ランニングなどハードなスポーツシーンに適したライン『Cardo(カーディオ)』ヨガ、フィットネスなど軽いスポーツシーンなどに適したライン『Studio(ストゥーディオ)』を展開。
また、『スロギー ムーヴ』は、ヨガやウォーキングなどのライトスポーツからリラックスタイムでの着用をイメージした商品群。
ブラジャーやショーツだけでなく、タイツやタンクトップなどのコーディネイトアイテムも充実しています。
すでにグローバルでは販売されているラインですが、日本では7月18日にデビューするそうです。
グンゼの展示会では『トゥシェ』から発売される『アクティバランス ゼロスタイル』が前面に。
同ブランドの魅力である「縫い目がないからなめらかな着心地で、肌への負担を限りなくゼロに」なのはもちろんのこと、「吸汗速乾&よく伸びるストレッチ素材使用で、動きをジャマしない」「新形状成型カップ&背中はYバックで動きやすい」などでアクティブシーンを自由におしゃれに楽しむことを提案しています。
柄や色数も豊富なので、スポーツシーンだけでなく、アスレジャーファッションやフェスなどでの着用も想定しているとのこと。
写真は2018年秋冬展示会のものですが、すでに3月下旬から発売されています。
018年秋冬展示会だけでなく、毎シーズン、細かいニーズに対応したスポーツブラをリーズナブルな価格で充実させているのが『B.V.D.Ladies』。
「軽くて快適」「動きをサポート」「しっかりサポート」「キレイをサポート」の4ライン。
『B.V.D.』は昨年秋に開催した渋谷ロフトでのイベントも好評だったそうで、働く女性に向けた商品は、電車の女性車両での交通広告も計画されているとのことです。

そうそう、ティーンにとってのスポーツシーンが部活。
ルシアンは人気の「部活ブラ」シリーズを拡充して、8月から「部活パンツ」を発売。
足を動かしやすい独自の立体裁断設計である“アクションカット”を採用しています。
これも、大切なスポーツ下着の提案のひとつですね。
こちらは、『ハンロ』の2018年秋冬コレクションのひとつ。
スポーツシーンを想定したウェアではありますが、そのまま街を歩けそう。
シックなアスレジャースタイルのお手本です。
今や、スポーツ、ストリート、リラックスそれぞれのシーンでのスタイルの明確な壁はなくなりつつあります。
スポーツ時のバストの揺れを軽減するためのスポーツブラの着用、その啓蒙は必須であるのと同時に、スポーツスタイル、スポーツ下着の提案はどんどん広がっていきそうですね。

グローバルに発信される女性達へのメッセージ

テーマ:ブログ

2018-05-01 00:00:00

すっかり初夏を感じる季節となりました。
Instagram(@pinkrabbitnbf)ではアップしていますが、3〜4月は展示会ラッシュ。
国内・国外ブランドを問わず、様々な展示会を取材してきましたので、また、こちらのブログでも少しずつ紹介していきたいと思います。

そんな展示会ラッシュの最中、トリンプ・インターナショナルのグローバルメッセージを伝える2つの発表会が行なわれました。
1つ目は、ザ・ストリングス表参道で行なわれたトリンプブランド グローバルキャンペーン「Together We Triumph(自信を胸に。未来へ共に。)」開始と新商品『マジック ワイヤー ライト』発売の発表会。
今年4月にスタートしたグローバルキャンペーン「Together We Triumph」は、兼ねてよりトリンプが大切にしてきたこの精神に基づき、女性同士が助け合い、勇気を与え合うことで共に強くなっていけるという、メッセージを届けるというもの。
「Together We Triumph」は、複数年にわたる長期的なブランドメッセージとして、グローバルに展開。
日本でも、5月8日までTVCM(全国)で発信するほか、全国主要都市にてOOH(交通広告や屋外広告など)を展開されています。
そのキャンペーン開始に伴い、日本におけるトリンプブランド アンバサダーに起用されたのが、人気モデルの佐田真由美さん。
現在、2児の母であり、第10回ベストマザー文化部門を受賞した経験もある彼女は、このキャンペーンメッセージを伝えるのに、まさに適任。
そのヘルシーかつセクシーな美しさに、魅了されてしまいました。
様々な場面でフェミニズムついて語ったり、表現されたりする今。
このグローバルメッセージの発表は、タイムリーと言えるかもしれません。
2つ目は、バツアートギャラリーで行なわれた、おなじみ『アモスタイル バイ トリンプ』のリブランディグ&新CM発表会。
世界的なファッションアイコン、フェルナンダ リーをメインキャストに起用した新CMは、すでにご覧になった方も多いかと思います。
きっと、そのイメージはこれまでと大きく異なるため、驚いた方も少なくないかもしれません。実は私もその1人(1匹?)。
ヴァンサン・ネリアス社長によるプレゼンテーションのあと、お話を聞き、新ビジュアルの前で一緒に記念撮影していただきました。
具体例は発表されなかったものの、日本生まれの『アルスタイル バイ トリンプ』は、今秋冬からグローバル展開を視野に入れており、そのためのイメージ刷新。
「#LIVEAMOSTYLE」をコンセプトとして、“自由なマインドで自分の人生をたっぷり楽しむ”ダンスを通して、そんな自己表現やエネルギー、ポジティブさを表現しているとのこと。
発表会には、この新ビジュアルのモデル達のような、お洒落なインフルエンサーが数多く来場。
ピンクのドリンクやスイーツをいただきながら、写真を撮ったりお喋りしたりする姿が見られました。
2階に上がると、イメージビジュアルのコーディネートが飾られていました。
この発表会で心に残ったのは、メインキャストのフォルナンダ リーの日本の女の子たちへのメッセージ。
「メインストリーム以外を探求することを怖がらないで。
社会の想定された形式から外れることは、全然問題ないのです!本当のあなたを探求して、それを愛してあげて」グローバルに活躍する21歳ならではの、パワーを感じる言葉。
ミレニアルと呼ばれる彼女達のジェネレーションにとっては、自分が生まれ育った国や文化と世界との壁は、想像以上に低いのかもしれませんね。