check data for php
HTML
TOP>最新ランジェリートレンド>クールビズ・ウォームビズは下着から
こんな下着もあります




クールビズ・ウォームビズは下着から
2021 秋冬シーズンの肌着(ウォームビズ)
新しい切り口からの新素材が登場
―防寒からメディカルまで、肌着も多面的に

2021秋冬
NBFおすすめビズ
武田尚子(たけだ なおこ)
ジャーナリスト。ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。 ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。 世界のインナーウエアトレンドの発信拠点「パリ国際ランジェリー展」の取材を1987年から始め、 年2回の定期的な海外取材は30年以上に及ぶ。
2021年3月、家で着るアパレル(ナイトウエア&ラウンジウエア)の変遷をたどった『もう一つの衣服、ホームウエア』(みすず書房)を発刊。



今シーズンは人気の定番素材に加え、メディカルやボディケア、またサスティナブルの面でもいくつか新素材が登場し、次の時代に向けた変化の動きが感じられます。
見た目にはベーシックなものが中心ですが、私たちの身体と社会性のつながりを背景にした商品開発が進んでいるといえるかもしれません。

疲れた体のメンテナンス
ウィズコロナ生活も2年となり、体の不調を感じる人や疲れがたまっている人が少なくないのではないでしょうか。
そういうニーズを反映し、着ることで血行を促進し、疲労回復ができるというリカバリーウエアのジャンルが注目され、新しく参入するケースが見られます。これは、レディス、メンズ共に、インナーウエアからリラクシングウエアまでアイテムが横断的に提案されていて、一日のいろいろなシーンに対応しています。
もう一つ、新素材という面で世界的に開発が進んでいるのが、天然由来のサスティナブル(持続可能な)素材です。その一例として国内でも、もみ殻から生まれた多孔質カーボン素材が女性用のインナーウエアで登場しています。
選択肢広がる防寒機能
あたたかくて肌触りの良いものが基本にある秋冬の肌着は、薄手から厚手まで、あたたかさのレベルが選べるような、わかりやすい品揃えの工夫がされるようになっています。遠赤外線を放射する天然鉱石を糸に練りこんだもの、綿 100%でも吸湿発熱性にすぐれた加工をほどこしたものと、ハイテク素材の変化に富んでいるのは日本の強みですね。生地端が切りっぱなしでアウターにひびかないタイプ、ブラカップ付きの便利なタイプなど、すっきりとした着こなしで冬のおしゃれが楽しめるものもおなじみです。
オーガニックコットンはすっかり定着を見せつつあり、さらに混紡素材によって抗菌防臭などの機能性を付加する傾向もあります。
このように多様化の進む肌着ですが、店頭やメーカー直営のインターネットサイトで、ぜひお気に入りの 1 点に出会ってください。



 
Copyright © 2011-2012 NBF All rights REserved.