check data for php
HTML
TOP>最新ランジェリートレンド>クールビズ・ウォームビズは下着から
こんな下着もあります





クールビズ・ウォームビズは下着から
2018春夏シーズン肌着の傾向 
日常を贅沢で快適に過ごすために欠かせないニットインナー
上質で機能性に富んだ天然素材が増えています

2018春夏
NBFおすすめビズ
武田尚子(たけだ なおこ)
ジャーナリスト。ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。 ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。 世界のインナーウエアトレンドの発信拠点「パリ国際ランジェリー展」の取材を1987年から始め、 年2回の定期的な海外取材は30年に及ぶ。

極端ともいえる三寒四温とともに、長く寒かった冬もようやく終わりを告げ、また汗ばむ季節がやってきました。春夏シーズンに適した肌着の出番です。
春夏物は年間着用できるものが多いこともあって、今年はさらに選択肢が増え、天然素材をはじめ、肌になじむお気に入りのスタイルで機能性や快適性が味わえるように進化しています。
スポーツとファッションの融合を背景に、普段の日常こそ贅沢に――ニットインナーの肌着の領域も、まさにボディファッション全体のトレンドに連動しているのです。


見た目も着心地も、涼しく快適に
今年の傾向としては、まず天然素材志向が進んでいることがあげられます。コットン、シルクだけではなく、さらっとした風合いの麻を混紡してあるものも登場しています。天然素材の肌ざわりを好むのはシニア層に限りません。
風合いや肌触りの良い上質なものが増えているのと同時に、天然素材に化合繊でしか得られなかったような機能性を加えたものが充実しているのも特徴です。
例えば、綿100%なのに吸水性が良かったり、高級綿に天然保湿成分が加味されていたり、高混率の綿素材に接着手法の組み合わせでアウターにひびきにくい仕上げにしてあったり、特殊加工によって洗えるシルクにしてあったりという具合。
また、メッシュをはじめ、見た目も実際の着心地も涼しく快適な素材が増えています。


アウターにひびかず着こなし広がる
今、ブラジャーはワイヤレスブラやシームレスブラなど、快適な着け心地でありながら表にひびかないタイプが全盛を迎えていますが、ニットインナーの肌着も同様のことが言えます。
吸汗速乾機能、接触冷感、衣服内温度調節、抗菌防臭加工といった素材機能が肌着に備わっているのはもう当たり前。その次の段階として、近年はシームレスの切りっぱなしがすっかり定着してきました。これはレディスにもメンズにも共通しています。
アウターにひびかないヘムや脇接ぎのない仕様によって、からだにナチュラルにフィットし、さらにスキンカラーが透け防止に役立ちます。色は黒、白、ベージュのベーシックカラーに加え、肌になじむスキンカラーのバリエーションが新色で充実しています。
肌着の選び方一つで、一日がストレスフリーに変わります。ファッションスタイルに合わせた着こなしを楽しみましょう。
 
Copyright © 2011-2012 NBF All rights REserved.